Note: Please go to docs.rightscale.com to access the current RightScale documentation set. Also, feel free to Chat with us!
Home > jp > Tutorials > RightScaleの基本

RightScaleの基本

 

AWSやEC2を初めて利用する場合、Amazon Webサービス(AWS)を参照し、この「RightScale Basics」項でよく使用する用語や定義を理解してください。

ServerTemplateとRightScript

AWS用の開発ツール誕生の発端は、当社が自社サイトのホスティングにEC2を使用したことでした。最適なツールを設計するには、古い概念を新たな思考方法で捉え直す必要があります。たとえば、当社はイメージを設定済みの状態から起動するという古い概念を捨て去りました。その代わり、インスタンスをそのまま起動し、起動後にすべての設定をRightScriptというコードを介して行う方がはるかに優れていることがわかったのです。この手法により、高度なカスタマイズが可能で、複製が容易なモジュラー型サーバ・イメージを作成できます。詳細については、ブログ記事「Configuring servers with RightScripts」 を参照してください。

この手法に合わせて当社が開発したのが、ServerTemplateです。ServerTemplateでは、インスタンスを起動するための通常のEC2オブジェクト(AMI、sshキー、セキュリティ・グループなど)を指定するほか、起動時、必要時、サーバの廃棄時、イベントのトリガ時に任意の数のRightScriptが実行されるように指定できます。RightScriptでは、これをもっと簡単に行えるようにします。RightScriptにより、スクリプトを実行する前にインストールするパッケージを指定したり、ファイルのアップロードやスクリプトへのファイルの直接添付を行ったりすることが可能になります。ユーザはRightScale Dashboardで自動認識され、重要な変数に値を入力できます。RightScale Dashboardでは、これらの「変数」を「入力」と呼んでいます。すべてのRightScriptへの入力パラメータを一元的に管理できる便利な場所が、ServerTemplateです。また、ローカルIPやEC2メタデータなどのランタイム値も簡単に使用できます。

YouTubeで、ServerTemplateに関する動画を参照してください。

 


YouTubeのRightScaleチャンネル(http://www.youtube.com/RightScale)では、他の動画もご覧いただけます。

 

デプロイメント

「デプロイメント」という概念も生まれました。デプロイメントにより、お互いに関連付けられているマシン群が定義されます。すべてのインスタンスが継承するグローバル・パラメータの指定も可能です。グローバル・パラメータを使用することで、追加の設定を行わなくても、コンポーネントを簡単に追加できます。これらの3つのツールを組み合わせることにより、サーバの展開と保守をすばやく簡単に行うことができます。



YouTubeのRightScaleチャンネル(http://www.youtube.com/RightScale)では、他の動画もご覧いただけます。

 

 

 

認証情報

パスワードなどの重要情報は、RightScale Credential Storeにシンプルかつ安全に格納されます。格納した認証情報は、RightScriptおよびデプロイメントで簡単に使用できます。パスワードを忘れないようにしたり、情報漏洩を心配したりする必要はなくなります。

 

権限

他のユーザが自分のアカウントにアクセスできるようにする場合も、必ずしも全員に同じ権限を付与することはありません。Dashboardでは、自分のアカウントにアクセスできるように他のユーザを招待し、そのユーザの権限を指定できます。次のアクセス権があります。

 

ユーザ・ロール権限に基づいた、Dashboard内部で可能な操作と不可能な操作の全一覧は、「User Role Privileges」にあります。

admin

RightScaleの管理用アカウントです。1つのアカウントで、複数のユーザが「admin」権限を持つことができます。アカウントへの招待状を送受信できるのは、「admin」のみです。また、公開および専用クラウド・インフラストラクチャや認証情報の追加と変更、ユーザの権限の変更、共有グループへの招待状の受理を行えるのも、「admin」のみです。

actor

クラウド関連のすべてのアクティビティを管理できます。Dashboardで[Clouds]メニューのアクションを実行するには、「actor」権限が必要です。EC2のsshキーやセキュリティ・グループなどのクラウド・オブジェクトの作成、編集、削除、アクションの実行、サーバ・インスタンスの起動、終了、管理、デプロイメントの管理などがあります。ただし、sshキーの表示および編集は、自分で作成したもののみ可能です。

observer

RightScaleアカウントを表示できます。少なくとも「observer」ロール権限がなければ、Dashboardにログインしてアカウントを表示することはできません。

designer

ServerTemplate、RightScript、マクロを作成できます。オブジェクト・ライブラリを表示できます。

library

ライブラリからローカル・ビュー(コレクション)にオブジェクトをインポートできます。ライブラリを表示するには、「designer」ロールが必要です。

server_login

サーバにログインできます。「FAQ 115」を参照してください。

 
publisher

共有グループを作成し、他のユーザとRightScaleオブジェクト(ServerTemplate、RightScript、マクロ)を共有できます。RightScaleパートナー・アカウントがある場合、RightScaleオブジェクトを公開して、ライブラリの[Partner]タブに表示されるようにすることができます。

enterprise_manager

(Enterpriseのみ)社内のすべてのアカウントを管理できます。アカウントへの招待状を送信し、社内のすべてのアカウントにユーザ・ロール権限を付与できます。マスター・エンタープライズ・アカウントには、少なくとも1人の「enterprise_manager」ユーザが存在する必要があります。「enterprise_manager」は他のユーザに同じ権限を付与できます。「 Enterprise」を参照してください。

請求

RightScaleアカウントのすべてのユーザは、デフォルトで、請求情報を表示できます。クラウドの予測使用量([Report]->[Usage Estimate])またはデプロイメント予算見積もり([Manage]->[Deployments]->[View Dashboard])を確認できます。この情報を非表示にすると、RightScaleサポート・チケットを起票して、自分のRightScaleアカウントで「Billing Admin-only」アカウント設定を有効にするように依頼できます。このアカウント設定では、「admin」および「billing」のユーザ権限を持っているユーザのみが請求関連の情報を表示できます。

 

参照:

See also

Glossary

You must to post a comment.
Last modified
12:59, 30 Jan 2015

Tags

This page has no custom tags.

Classifications

This page has no classifications.

Announcements

None


© 2006-2014 RightScale, Inc. All rights reserved.
RightScale is a registered trademark of RightScale, Inc. All other products and services may be trademarks or servicemarks of their respective owners.